便利なタイルカーペット

タイルカーペットの関連情報を掲載

タイルカーペットは素人でも施工できる?

タイルカーペットは素人でも施工できる? 一般的なカーペットではなく、タイルカーペットを選ぶ方が多くなっています。
1番の魅力はお手入れのしやすさになります。
汚れがついてしまい洗う必要が生じた場合、普通のカーペットだと家具などをよけて取り外さないといけませんし、乾くまでの時間が長い問題があります。
タイルカーペットだと汚れた箇所だけ外して洗えばいいので、お手入れにかかる負担が最小限に抑えられます。
素人でも問題なく施工できるので安心して大丈夫です。
難しそうに感じるかもしれませんが、あまり器用ではない人でも問題なく施工できています。
貼る際はタイルカーペット用のボンドを使うのですが、最近のものだと裏にシールが付いているため、ボンドを使用する必要がないものもあります。
注意点はホコリやゴミをしっかり取り除いてから貼ることです。
ゴミやホコリの上から貼ってしまうと、すぐに剥がれてきてしまうので気をつけてください。
この点だけ気をつければ、素人でも綺麗に貼ることができます。

タイルカーペットの必要枚数の計算方法

タイルカーペットの必要枚数の計算方法 タイルカーペットの必要数を計算するには、部屋の縦の長さと横の長さを測り、縦横の数がどのくらい必要なのかを調べる必要があります。
部屋の中に柱や欠けの部分がある場合は、柱や欠けの面積は無視して、一番長い部分を測定していきましょう。
例えば部屋の縦の長さをタイルカーペットの1辺の長さで割り、整数以下の場合は、繰り上げて枚数を1枚増やします。
またタイルカーペットの枚数を部屋の平米から計算する方法もあります。
平米から計算した場合は、予備分としてさらに1.1倍をかけて、答えを繰り上げます。
柱部分や部屋の端部分のカットでロスが5%から10%の割合で出ますので、この分は予備分として必要な枚数になります。
タイルカーペットが50cm角のものであれば、3畳の絵土間であれば24枚、8畳であれば64枚は必要になります。
自分で張り替える場合や、交換の予備などが必要な場合は、最初に余分に発注しておくようにするとよいでしょう。

新着情報

◎2018/5/9

タイルカーペットのカビ対策
の情報を更新しました。

◎2018/2/5

お年寄りがいる家庭におすすめ
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

赤ちゃんがいる家庭におすすめ
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイト公開しました

「カーペット 手入れ」
に関連するツイート
Twitter